本文へスキップ

ハロウィン

本当のジャック・オ・ランタンはカボチャではなく、カブ




最近では日本でもハロウィンのイベントが開催されることが多くなってきました。

そのハロウィンのシンボルともいえるのが、ジャック・オ・ランタンです。ジャック・オ・ランタンとはカボチャで作ったランタンの事です。ご存知の方も多い事でしょう。

実はこのジャック・オ・ランタンは、最初はカボチャではなくカブで作られていたのをご存知でしょうか?






アメリカではハロウィンの季節になるとカボチャを繰り抜いてつくったジャック・オ・ランタンをあちらこちらで観ることができます。


そもそもジャック・オ・ランタンの元ネタになったのはジャックという悪人でした。ジャックは悪魔を騙して死後に地獄に連れていかれないよう契約をしましたが、いざ死んでみると天国にも地獄にも行けず永遠に現世をさまようことになったのです。


その時に悪魔がジャックに作ってあげたのが、カブのランタンです。だから本当はカボチャではなく、カブのランタンが正しいのです。


ではどうしてカボチャのランタンになったのかというと、アメリカなどではカブよりもカボチャの方が手に入りやすかったからなのです。




     



次のコンテンツ→現在執筆中!

レジャーに関する面白ネタTOPへ戻る