本文へスキップ

フラミンゴ片足立ち理由

フラミンゴは何故片足立ちをするのか?



フラミンゴが片足で立っている理由とは?


フラミンゴは何故片足で立っているのか「フラミンゴ」という鳥を殆どの方はご存知だと思います。

ピンク色の片脚立ちをしている大きな鳥のことですね。フラミンゴはアフリカや南アメリカ、中南米の干潟で数万羽の群れを作って生息する大型の鳥類です。

何と言っても特徴的なのは赤色の羽、実はフラミンゴはエサの中に含まれる色素によってあのような赤色の羽毛になるのです。なので、色素を取らなければ、ただの白色の鳥になってしまいます。

フラミンゴの不思議、何故フラミンゴが片脚立ちをしているのかをご存知でしょうか?フラミンゴが片足立ちする理由についてご説明します。







実はフラミンゴが片脚立ちをする理由は 「寒いから」なんです。いえいえ、冗談で言っているわけではありませんよ。

実はフラミンゴは脚とても長いのですが、その分だけ他の鳥たちに比べると血管がとても細く血の巡りが悪く脚が冷えやすいしくみなのです。その冷えた足を温めるために片脚を折り畳み羽の中に入れ体にくっつけて温めているのです。

フラミンゴはずっと片足立ちで疲れないの?


フラミンゴはずっと片足で立っているわけですから「疲れないのかな」なんて思うかもしれませんが、やっぱり疲れます。なので、実は交互に温めています。

動物園に行ったら、フラミンゴがぜひ交互に入れ替えるのを確かめてみて下さい。片脚が温まったら、もう片方の脚を体につけて温めているのが観察できます。

フラミンゴ以外にも片足立ちする鳥がいる!?


ちなみに片脚立ちをする鳥は、フラミンゴだけではありません。足の長い鳥類(例えば鶴など)も、そういった行動をとるんですよ。 フラミンゴのトレードマークの様に思える片脚立ちですが、実はフラミンゴだけでは無かったんですね。

補足として、鶴以外の鳥では水辺の生き物を餌とする鳥類にも同じ様な行動をとる鳥が何種類もいます。理由は同じく、脚の血管が細く血の巡りが悪いので、足先が冷えやすいといった理由からです。




はてなブックマークに追加          



   



人気の記事→ ムササビとモモンガの違い分かりますか?

動物に関する雑学集トップへ