本文へスキップ

ニワトリの記憶力

ニワトリは忘れっぽいって本当?




鶏は本当に知能が低いの? 三歩歩くと忘れるという諺(ことわざ)がありますが、実はこの「三歩歩くと忘れる」は正式には「ニワトリは三歩歩くと忘れる」だという事をご存知でしょうか?

諺にあるニワトリは頭の悪い生き物とされていますが、実際のところ知能はどうなんでしょうか?

実はニワトリは頭が悪いどころか非常に頭が良く、記憶力も優れている鳥なのです。 今日はニワトリに関する面白い雑学・エピソードを紹介します。







ニワトリの語源と言えば「庭にいる鳥」→「庭の鳥」→「ニワトリ」だという説が一般的です。ちなみにニワトリの頭部にある「鶏冠(とさか)」とあごの部分の「肉髯(にくぜん)」は、皮膚が発達変化したものです。見れば見るほど変な生き物です。


ニワトリと言えば、家禽としてのイメージしかありませんが 、実はペットとしても飼育することが出来ます。そしてとても良く懐きます。実は飼い主である家族を一人一人きちんと見分けることも出来るんですよ。


それ以外にも人間がくれる食べ物のどれが美味しいかとか家の中のどこにその美味しい食べ物が仕舞われているかということもしっかりと把握していてうっかりすると盗み食いされるなんて事も・・・


餌を食べたい時はジェスチャーで催促もできます。 餌を与える時間になると、餌箱の前でスタンバイしていたり水が飲みたいのに容器が空であることを伝えることもできます。


ここまでの内容を、主語を犬にしても違和感がないと思いますが 本当に、犬と変わりないくらい知能が高いのです。 学術的には、脳の容量などから考えて 知能はそれほど高くないと思われているようですが 、ヒナの頃から人間のそばで人間と同様に飼育されたニワトリは 愛情も深く頭もよく、人間の素晴らしいパートナーになり得ます。



ここまでの内容を、主語を犬にしても違和感がないと思いますが 本当に、犬と変わりないくらい知能が高いのです。

学術的には、脳の容量などから考えて 知能はそれほど高くないと思われているようですが 、ヒナの頃から人間のそばで人間と同様に飼育されたニワトリは 愛情も深く頭もよく、人間の素晴らしいパートナーになり得るのです。





    



次の雑学→ ハムスター頬袋の仕組み

動物に関する雑学集トップへ