本文へスキップ

ハムスター

ハムスター頬袋の仕組みはどうなっているの?




ハムスターの頬袋にはエサがどれだけ入るのか ハムスターの口の中には、食べ物を貯めておける頬袋があることはよく知られていると思います。どうして頬袋があるのかご存知でしょうか?

ハムスターは顔がパンパンに見えるほど、頬袋に食べ物を溜め込みその姿は見ていて何とも可愛らしいので魅了されます。

あれはハムスターが「貯めたい性質」を持っているためです。







もともと、野生のハムスターの生活環境は食べものがあまりないところで、できるだけたくさんの食べ物を巣穴に持って行きたいものの、時間をかけて探し回ったりその場でゆっくり食べたりしているうちに、敵に見つかってしまう可能性があります。


自然界でそういう状況にならないように、できるだけ多くの食べ物を1度に運べるための頬袋が進化し今の様な頬袋に発達したと考えられています。


頬袋に収納できる量は、ひまわりの種に換算すると、左に約50個、右に約50個で合計で約100個以上も収納出来るのだそうです。



また、人間の感覚から考えると、あれだけ頬袋に食べものを入れていると、食べ物が唾液でべちゃべちゃにならないのかと心配してしまうでしょう。


もちろん、口の中に入ったエサはべちゃべちゃです。


しかし、人間にとっては嫌な気もしますが、当のハムスターにとってはその唾液を食べ物につける行為は自然界の中では重要なのです。


ハムスターが食べ物に自分の臭いをつけるのは、口から出したときに、その餌が自分のものだと他の仲間に分かるようにしているのです。


ちなみにその唾液で食べ物が腐ることはありませんのであしからず。




     



次の雑学→ ジュゴンとマナティーの違いは?

関連する雑学→ ハムスターに仰向けで餌を食べる芸を教える方法

動物に関する雑学集トップへ