本文へスキップ

秋田小町

秋田に美人が多いという説は本当?




秋田小町のルーツ 秋田に美人が多いと言われるのはなぜか?というのが今回のテーマです。

秋田小町という言葉があるように他県に比べて美人が多いと昔から言われていますが何故なのでしょうか?

美人といっても、人それぞれ好みがあり、なかなか判断することが難しいので悪しからず。







秋田に美人が多いと言われてきた理由は、大きく3つあると考えられています。


まずは、歴史的なことです。

関ヶ原の戦いの結果、常陸国(茨城県)の大名だった佐竹という人物が秋田に移動を命じられました。彼はそれに腹を立てて常陸国の美人を秋田に沢山連れて行ったそうです。

ただ、話としては面白いのですが、信ぴょう性に欠ける気もしますね・・・



次に、気候が関係しているとする説です。

秋田は全国一日照時間が短いため、色白の女性が多のではないかとも言われています。そのため、色白の美人が多いのではないかと考えられています。

さらに、遺伝子に関することです。秋田県民の10人に1人は、白人しか持っていない遺伝子を持っているそうです。それは、日本海沿岸に漂着したロシア人との混血によるものだといわれていて、美しいロシア人の血が秋田の女性を美ししているのではないかというものです。


これらの説が本当に正しいのかは真意は分かりませんが、本当だったら面白いお話ですね。



   



次の雑学→ 自宅で出来る簡単な健康チェック法

人間の体に関する雑学集トップへ