本文へスキップ

男性ホルモンとは

男性ホルモンの量によって女性の好みが変わるって本当?




男性には男性ホルモンというホルモンがあります。

このホルモンが男性にとっては非常に重要なホルモンで、健康を保つのはもちろん、様々な「男性らしい」と言われる特徴を作り出します。

例を挙げると、瞬発力のある筋肉やひげ、体毛、カッとしやすい攻撃的な性格、性欲などは男性ホルモンがあるが故に、引き起こされる現象と言われています。







男性ホルモンは、もちろん個人によって多い少ないがあります。これは持って生まれた性格のようなもので、人によって結構な差があるといわれています。

それ故、ひげが濃い薄いなどや、精力が強い弱いなどの個人差が生まれているのです。 その人ごとに異なる男性ホルモン濃度ですが、濃度が高いほど、恋心を抱く女性に対するハードルが下がることが分かっています。


どういう事なのかといいますと、男性ホルモン濃度が高いと、自分が好き!と思う女性像のレベルが大幅に下がるのです。

極端な例をあげると、一人の男性の中で、ストレスや偏食などで体内の男性ホルモンレベルが下がると、女性に対する好みがうるさくなり、好みのタイプが狭まります。



逆に、ストレスが少なく、食べ物もしっかりしたものを食べ男性モルモンレベルが高い状態にある時には、同じ男性でも女性の好みの幅がとても広くなり、いいなと思う女性が大幅に増えるという傾向になります。


なぜこのように男性ホルモン濃度が増えると、いいなと思う女性が多くなるのかは完全には解明されてはいませんが、おそらくそれだけ自分がエネルギッシュになり、性欲が漲っているので、色々な女性が魅力的に見えてしまうのだろうと考えられています。


「あいつは女の趣味が悪い」と言われがちな男性がいると思いますが、そんな男性は実は趣味が悪いのではなく、男性ホルモン濃度が他の人よりも高いだけなのかも知れません。



従って、他の人よりも身体的には優れているという事になります。


人間はちょっとしたホルモンのバランス、強弱によって、このように様々なことに影響を及ぼしているのですね。



   



次の雑学→ 顔のむくみを取る方法とは?むくみの原因を徹底解剖!

人間の体に関する雑学集トップへ