本文へスキップ

人間の嗅覚の雑学

においの感覚がすぐ慣れてしまう不思議




人は誰でも臭いにおいは嫌ですし、いい香りはいつまでも嗅いでいたいと思うのではないでしょうか。

しかし、人のにおいの感覚はすぐに慣れてしまうといわれています。

嗅覚だけでなく人は同じことが繰り返されたり長く続いたりすると新しい刺激でないので感覚として感じることができなくなることも皮膚の触覚や視覚や味覚など多くあります。








特に嗅覚は目に見えないものなので、視覚情報として確認できないために、においを認識できないとほんとうにわからなくなってしまいます。


よくあるのが香水をつける習慣のある人がすごくきついにおいを撒き散らしている例です。


そこまで香水をつける必要がないだろうと周辺の人は思っていても本人にはそれほどきついにおいと感じていないことが多いもの。


少量の香水では本人にはにおいを感じることができずに次第に使用する量が増えていってしまう例です。香水などは特にお気に入りの香りを使うと考えられるので益々たくさんの香水をつける結果になってしまうことになります。

あなたは大丈夫ですか?



   



次の雑学→人によって色彩の見え方が違うって本当?

人間の体に関する雑学集トップへ