本文へスキップ

スターバックス

イタリアにスターバックスがないって本当?




スターバックス 日本には960店舗以上あるスターバックスですが、意外にもイタリアにスターバックスが全くないことについてはあまり知られていません。

イタリアは唯一スターバックスが進出できなかった国なのです。イタリアはエスプレッソの国なのにどうして?と疑問に思われる方も多いでしょう。

イタリアにスターバックスがないというお話をする前に、スターバックスの誕生についてお話しします。スターバックスを現在の形にしたのは現CEOのハワード・シュルツと言う方です。







スターバックスの発祥地 ハワード・シュルツ氏はイタリアを訪れた際に「バール」で飲んだエスプレッソの味にものすごく感動したことをきっかけに、アメリカに帰国したあと、会社にエスプレッソ・カフェを展開することを提案しました。

このことはスターバックスのHP(英語)にも述べられているのでご存知の方も多いかも知れませんね。



ところでバールとはどんな場所なのでしょう?
バールは「BAR」と書きます。イタリアにある立ち飲みするスタイルの喫茶店のことをバールと呼びます。

バリスタが作ってくれたエスプレッソやカプチーノを出勤前や仕事帰りに気軽に立ち寄って1杯飲んで行くといった日本とは違ったカフェスタイルです。

イタリアでは立ち飲みでくいっと飲んですぐに出て行ってしまう人が圧倒的に多いのです。
イタリアのバールとは?


ここまでの説明でどうしてイタリアにはスターバックスがないのか、ピーンと来た方もいるかもしれませんね。イタリアにスターバックスがない理由、それはイタリアにはすでに誇るべきBAR(バールと読む)の文化が根付いていて、気軽においしいエスプレッソを飲むお店が多いからなのです。

イタリアの各都市にバールがあり、どこでも美味しい本物のカフェ・バーが楽しめます。しかもエスプレッソ1杯が日本円で約90円と値段も安いので、スターバックスも太刀打ちできないというわけです。



   



次の雑学→ タクシーの料金設定はどうなっているの?

仕事やビジネスに関する雑学集トップへ