本文へスキップ

チョコレートココア違い

チョコレートとココアは何が違うの?




チョコレートとココアの違い チョコレートとココアの違いって誰もが1度は考えた事はないでしょうか。似たような色に味もするのに名称がまったく違いますよね。

チョコレートを溶かして液体にしたジュースは、わざわざチョコレートドリンクと呼ばれていますし・・・あなたはチョコレートとココアの違いを説明できますか?

このページではそれぞれの違いについて説明します。







チョコレートとココアの違いは、含まれている脂肪分の違いが元となっています。

チョコレートの発祥となったアステカ王国がカカオ豆の生産を盛んに行っていました。元々チョコレートとは苦い水という意味だったそうです。 しかしそれを飲むと精力がつくと言われ、王様もたくさん飲んでいたそうです。

それがヨーロッパ地方各地に伝えられ、地方の人たちがもっと飲みやすいように砂糖を混ぜたり改良を重ねていったのです。 実は歴史が長いのはチョコレートのほうで、改良を重ねて企業が生み出した商品がココアになったのですね。

ただ飲みやすくはなったものの、脂肪が表面に浮いてしまうというのが難点でした。その問題点をを取り除くことができたある企業が「ココア」として最初に販売したそうです。



チョコレートとココアのカロリー比較 ココアに改良した時の産物として脂肪をチョコレートの3分の1にまで減らす事ができたとのことです。チョコレートがココアに比べてカロリーが高いのはこのような改良の結果だったのですね。

チョコレートとココアの違いは歴史の流れとともに変化していった物であるということが分かると思います。

ダイエットの時はチョコレートを食べずに、ココアを飲むようにしてみてはいかがでしょうか。



      



次の雑学→七味唐辛子の原材料は何故7種類なの?

食べ物に関する雑学集のTOPへ