本文へスキップ

軍艦変わった食事

軍艦にしかない食べ物とは?




軍艦の意外なメニュー 軍艦と聞くとな物物しいイメージを浮かべる人が多いかもしれません。実はその軍艦でしか楽しめない意外な食べ物があることをご存知でしょうか?

軍艦はその名の通り、軍隊に属する戦うための戦闘力を備えた艦艇で、そこには多くの軍人が日夜生活を共にしています。

ですから当然毎日の食事も空母などの大きな軍艦によっては数千人単位で用意がされ、特別な日や慰労を目的として軍艦には昔から様々な奢侈品も積まれていました。







例えば第二次世界大戦中アメリカの軍艦にはアイスクリーム製造機が備え付けられた軍艦が多数あり、アイスクリームを好きなだけ食べることができました。


それだけではなくアイスを大量に製造するためのアイス専用の製造艦も所有していました。軍艦にアイスクリーム、ちょっと結びつかないのですが本当のお話です。


一方、日本の軍艦も負けておらず、戦艦大和や補給艦など多くの軍艦にはラムネを製造することが可能な設備があり、士官クラスを中心によく飲まれていたそうです。


もっともこれは艦艇火災の消火のために積まれている二酸化炭素を利用する副次的なものでもありました。他にもよく知られている海軍カレー、いわゆる日本風のカレーや肉じゃがも日本海軍の由来とされています。


軍艦は乗員の士気維持や効率的な食糧の保存活用のため多くの知恵が凝らされ様々な物が世界中で生み出されおり、これからもその流れは続くでしょう。



      



次の雑学→カントリーマアムのしっとり食感の秘密

食べ物に関する雑学集のTOPへ