本文へスキップ

肉じゃが

肉じゃがのルーツは?

日本人になじみの深い「肉じゃが」この肉じゃががどのように誕生したかご存知でしょうか?肉じゃがのルーツがわかる雑学です。




肉じゃが 肉じゃがといえば、女の子が作ることができたら「料理のできる女の子なんだな」とおもわれる料理の代表格ですね。


実はこの肉じゃがはちょっとした偶然から生まれた料理だということをご存知でしょうか?


今日は肉じゃが誕生のルーツに迫ります。







肉じゃがのルーツは明治の軍人だった東郷平八郎が若い頃、イギリスに留学していた頃まで遡ります。
イギリス留学から日本に戻ってきて海軍中将になった平八郎が、イギリスで食べたビーフシチューの味が忘れられませんでした。


どうしてもビーフシチューが食べたくなった平八郎が料理長にビーフシチューを作るようにお願いしたそうです。 もちろん料理長はビーフシチューなど見たことも聞いたこともありません。必至でビーフシチューについて調べたところ、どうやらビーフシチューは牛肉とじゃがいもを使った料理だという事まではわかりました。



本来、ビーフシチューといえばドミグラスソースを使う料理ですが、料理長はそこまでは調べられなかったようで、牛肉とじゃがいもを切ったものに、醤油と砂糖で味付けしてだけの料理を東郷平八郎に出してしまったのです。


ところがこの醤油と砂糖で味付けしただけの料理が、大変美味しい料理だったため、大変喜ばれたそうです。


これが肉じゃがのはじまりです。
肉じゃがはちょっとした海軍中将のわがままから生まれた料理だったのですね。



       




次のコンテンツ→効率の良い野菜の食べ方は?

食べ物に関する豆知識のTOPへ