本文へスキップ

ゆで卵半熟で

自分好みのちょうど良いゆで加減のゆで卵を作るには?




半熟のゆで卵の作り方 皮を剥いてみると上手に剥けなかったり、黄身がパサパサに仕上がったり。

自分好みのちょうど良いゆで加減のゆで卵って、案外作るのがは難しくて苦戦されている方って多いものです。

そこで、ゆで卵を簡単にかつ上手に作るお手軽ゆで卵調理法をいくつかご紹介したいと思います。




一つ目の方法。

1.まず卵を冷蔵庫から出し、常温に戻しておきます。そうすることでお湯に入れたときにひび割れがしにくくなります。

2.お鍋にたっぷりのお湯を沸かし、ボールに氷を入れた冷水を作っておきます。

3.お湯が沸騰したら、お鍋に卵を入れて半熟卵の場合は6分ほどゆで、いったんざるに上げたあとすぐに冷水につけてしっかり冷やせば半熟卵の完成です。

次に紹介するのは少しのお水で作る方法です。

1.小さめのお鍋に、なべ底から1cm程度の水を入れ、そこに卵を並べます。

2.お鍋に火をかけて沸騰したら蓋をして中火にして半熟卵の場合は3分ほど蒸煮にし、火を消したあともそのまま3分放置します。

3.その後は特に水にさらすこともなくそのまま皮をむけば出来上がりです。








ゆで卵の茹で上げ時間 次は簡単に火の様子を見る必要もなく固ゆで卵を作る方法です。

1.ご飯を炊く時に、普段どおりの水加減で準備をしたところに、綺麗に洗った卵を入れて、普通どおり炊飯します。

2.ご飯が炊き上がったらつるりと皮のむける固ゆで卵が出来ます。

同じ要領で、炊き上がったご飯を保温している時に、綺麗に洗った卵を入れ40~50分ぐらい放置しておくと、とろりとした温泉卵を作ることが出来ます。

またご飯を炊いていない時に、炊飯器の中に卵を並べ、ゆっくりと熱湯を注いで炊飯器を閉じます。

そのまま一時間ほどスイッチを入れずに放置しておくと温泉卵が作れます。



最後に一個だけゆで卵を作るのに便利な方法があります。

お鍋を使うと一個だけ作るのは勿体ないですが、この方法だと無駄なく一個だけ作ることが出来るので、お弁当やサラダつくりに大変便利です。

まず卵を綺麗にアルミホイルで隙間なく包みマグカップに入れます。そこにお湯を注ぎ卵が浮かないようアルミホイルの凸凹で調整します。

そのまま電子レンジへ入れて8分加熱します。そのまますぐに冷やせばかなり半熟に、しばらくカップに入れたまま置いておくとしっかりと茹で上がったゆで卵になります。



      



次のコンテンツ→ネット通販でカニを買う時に外さないお店の選び方

食べ物に関する豆知識のTOPへ