本文へスキップ

人が聞き取れる音域

人は年齢によって聞こえる音の幅が違う




人は年齢を重ねるごとに、聞こえる音の音域の幅が狭まるという話を聞いたことがありますか。

人間は年齢を重ねると、高音域の音が聞こえにくくなったり、低音域の音が聞こえにくくなったりするのです。

これによって、人によって同じ音を聞いていても違うように聞こえるといった現象が起こります。







人間は年を重ねる度に聞こえる音域の幅は狭くなってくるため、高温域や低音域が強調されていない音楽を自然好んでと聞くようになります。歳をとるにつれ、ロックのような低音が多い音楽が嫌いになったりするのはその為なのですね。


年齢とともに音楽性の変化(好み)が起きるというわけです。


一般的には人間の張力は、年齢に関係なく低音域は50hz以下の音は聞こえず、高音域では20khz以上の音は人間の耳では聞こえないと言われています。ちなみに犬の聴覚は人間の4倍〜10倍ある言われていて、低音域だけに限れば犬の種類によっては人間の20倍以上と言われています。


この50hzと20khzの間の音を人間の可聴域といいます。


それが年齢を重ねるにつれて、100hzぐらいから16khzぐらいになったり可聴域の幅が少しずつ狭まっていきます。当然聞こえない音があると低音域や高音域が少ない中音域の音を好むようになっていきます。


人は年齢を重ねると耳が悪くなったように感じるのは聞こえる音域の変化によるものだったのです。大人には聞こえない音があったり子供にしか聞こえない音が存在したりするのって不思議ですね。



     



次のコンテンツ→ AEDって何?使用方法ってどうするの?

美容と健康のトップページへ戻る