本文へスキップ

コラーゲン

コラーゲンの美容効果がない!?




女性の方は特にそうだと思いますが、美容と健康維持のために「コラーゲン」が好きな人は多いですよね。

最近ではコラーゲン入りのサプリメントなども多数販売されていますし、居酒屋に行くと、鍋の真ん中にどーんとコラーゲンボールがのっている「コラーゲン鍋」なんかもよく目にします。

多くの人はコラーゲンを食べればお肌に良いとか、お肌がプルプルになるということをご存知だと思います。







コラーゲン信仰者にとっては残念なお話ですが、実はコラーゲンを口から摂ってもお肌がキレイになるなんてことはなく、コラーゲンを食べたら肌がキレイになるという科学的根拠はありません。


実はコラーゲンはタンパク質の1つです。そもそもタンパク質とは人間の皮膚や骨、血管などの細胞外基質というものの主成分のことを言いますが、コラーゲンと言うタンパク質は細胞と細胞をつなぐ役割をしているタンパク質の種類です。


確かにコラーゲンの働きが弱まると確かにしわやたるみの原因になります。


ではコラーゲンを外から摂取してしわやたるみを防止しよう・・・となるかというと、残念ですがコラーゲン自体は大きなタンパク質のためそのまま摂取しても体内では殆ど分解されることはありません。


コラーゲンは吸収されにくいタンパク質なので結論から言いますと、コラーゲンを口から摂ってもほとんどが体の中をただ通過するだけなのです。それなのになぜ、これだけコラーゲンを食べると美容に良いと信じられているのでしょうか?実際に最初に述べたように、コラーゲン入りの食品は本当にたくさん売られています。



コラーゲンに限らず摂取したタンパク質は体内に吸収させるためにアミノ酸という物質まで小さく分解された状態にしなくてはなりません。吸収される段階ではコラーゲンを作っている物質にまで分解する必要があるのです。


この分解されたアミノ酸は体内で再びコラーゲンになる訳ではなく、一旦分解されたタンパク質はコラーゲン以外のタンパク質になります。なので、コラーゲンを分解したアミノ酸をそのまま食べてもコラーゲンだけが増えるってことはないのです。


このアミノ酸の中には、体内でコラーゲンを作るのにだけ使われるものがあります。それが「ヒドロキシプロリン」というもので、天然ではコラーゲン以外に含まれていないためコラーゲンを食べることでしか摂取できません。


最近の経口(飲んだり食べたりするタイプ)のコラーゲン製品で人気の高いものは低分子コラーゲンペプチドを使用していて、長期的に経口摂取することで医学的にも効果が認められている製品も発売されています。



     



次のコンテンツ→日本で一番平均寿命の長い都道府県は?

美容と健康のトップページへ戻る