本文へスキップ

両国国技館

両国国技館にまつわる驚きの雑学




国技の大相撲を行う場所としても知られている両国国技館。

国技の大相撲を行う場所としても世界中に知られる両国国技館ですが、その地下にはあまり知られていない事実があります。

相撲が大好きな人でもあまり知られていない両国国技館に関するちょっとタメになる面白い雑学を紹介します。







実は両国国技館の地下に巨大な焼き鳥工場が存在するのをご存知でしょうか?


両国国技館の地下に焼き鳥工場が存在しているその理由は、ニワトリが相撲界では二本足で立っており手をつかない、言い換えれば負けることがないということで縁起物という扱いを受けているからなんです。


そうした理由でニワトリ料理を両国国技館で販売することになり、焼き鳥を作るために地下に巨大な製造工場を作ることにしたそうです。現在では、国技館サービス焼き鳥部という部署を設置し、60人の従業員が大相撲開催時に限って仕事をしています。



大相撲が開かれているときは1日におよそ12万本もの焼き鳥が製造され、実際に国技館内で販売されています。実際に国技館で食べたことがある方もいるんじゃないでしょうか。

この従業員はほとんどの場合が縁故採用でしか採っていないそうですが、時として臨時で求人がかけられる場合があるそうです。縁故以外でも働くことが出来るチャンスはあるかもしれませんね。

このように、両国国技館の地下では、私たちが知らないような驚きの事実が隠されていたのです。



     



次のコンテンツ→窓ガラスに貼る「フィルム」色々

建造物に関する雑学集