本文へスキップ

ニキビ対策

布団にダニはニキビの原因に…




ニキビダニ対策 湿ったおふとんを、外にだして日向で当てると膨らんで気持ちよい触り心地になりますね。

顔を埋めてみると、普通のお布団とは違う、おひさまの匂いがしみついていて、とても気分が高揚します。

だけど、この「おひさまのにおい」、言えば多くの人に伝わる共通認識ですが、本当におひさまのにおいなのでしょうか?そもそも、太陽光ににおいはするのでしょうか?







ニキビダニの写真 実は、このおひさまのにおいの正体は、布団のなかにしみついたダニのしがいや埃が太陽によって浮き出され、「おひさまのにおい」を作っているのをご存知でしょうか?

なんだか夢がこわれてしまったかもしれませんね…。

お布団を干すときに、布団たたきでぱんぱん!と叩いていると思いますが、空気中に、なんだか白い埃が大量に舞うのに気付きませんか?



この白い埃、もちろん埃の場合もあるのですが、実はダニの死骸が多く混じっているのです。ダニの死骸が布団たたきにたたかれて、空気中に浮き出され、舞っているのです…


赤ちゃんやペットがダニの被害にあわないよう、気をつけてケアしなければなりませんね。寝るときに、顔のどちらかを布団につけてねている人、小さなニキビや、赤いぽつぽつが大量発生してしまった経験、ありませんか?


このニキビと赤いぽつぽつの原因も、ダニやノミによる可能性があります。


そして、わたしたちの肌の上にも、ダニがすんでいるっていうことを知っていましたか?ニキビダニなどがその1種です。わたしたちの顔の毛穴の中にすんでいて、わたしたちの顔の脂肪を食べたりして皮脂の量を調節してくれます。


しかし、1平方センチメートルのうちに15匹以内が生息している場合は問題ないのですが、それ以上となると、ニキビを引き起こしたり、炎症を起こしたりする原因となります。


身の廻りのいたるところに生息しているダニ。余談ですが、ダニは地球上に50万種類以上も存在しています。



     



次の雑コンテンツ→ 身近なアイテムで簡単ごきぶり退治!?

生活に役立つ面白ネタトップへ