本文へスキップ

リサイクル

ペットボトルの回収はエコにならないの!?



ペットボトルのリサイクルは本当に環境保護になってるの?


ペットボトル「リサイクル」という言葉が日本社会に定着してもうずいぶん経つ気がします。ペットボトルのリサイクルは環境保護に良いことですが、今日はこのリサイクルの意外な裏話を紹介してみましょう。


この「リサイクル」は1990年代ごろから半ば流行語として広まり始め、今では学校の事業としてリサイクルを意識したリサイクル活動も多く行われていて徐々に定着しつつあります。


ところが、この「リサイクル」ですが、リサイクルすることが環境にとって良いばかりではないことをご存知でしょうか?







ペットボトルはどうやってリサイクルされているの?

リサイクルされたペットボトルはどうなるの皆さんも取り組んでいるペットボトルの分別回収ですが、この ペットボトルは回収されたあと、リサイクル工場できれいに洗浄され再利用されています。


リサイクルされたペットボトルは、じゅうたんやジャケットに再利用されることは素晴らしいことなんだ!と力説され、教えられた方も多いかと思います。

またリサイクルに適さないペットボトルはそのまま焼却されていますが、これがちょうどよい火種となって燃料代を節約してくれるそうです。

実はペットボトルを再利用のために加工すると、実は石油からペットボトルを作りだすより大きなエネルギーが必要になるのです。つまり、 地球にかかる負担がリサイクルの方が大きいとも言えます。

実はペットボトルのリサイクルは環境保護と言われながらも本末転倒だった…という、ちょっとした雑学でした。
だからと言って地域のゴミ出しルールを守らなくてもいいという訳ではないので悪しからず・・・




はてなブックマークに追加          


     



次のコンテンツ→ タクシーとハイヤーの違いは?

生活に役立つ面白ネタトップへ