本文へスキップ

食費節約

食費を大幅に節約する方法とは?




毎日の献立作りとともに主婦の頭を悩ませているのが、いかに食費を押さえるかではないでしょうか。

特に育ち盛り、食べざかりのお子さんがいらして、何でも量を買わないといけないご家庭はこの問題は深刻です。

かと言って毎日複数のスーパーのチラシを見比べて、その時に一番安いスーパーに行くというのもそうそう出来ることではありません。

今日は食費を手軽に節約したい方に、是非お勧めの方法を紹介します。







まず近所の生鮮食品を取り扱っている大型スーパー2軒くらいに照準を絞りましょう。24時間営業や深夜営業のスーパーよりも、遅くとも夜9時か10時には閉まるスーパーの方がこの方法は成功確率が高いです。


スーパーを決めたら、夜の7時~8時頃に行ってみましょう。生鮮食料品のお魚などは、その日に売りきってしまわないと傷んでしまうため、夜の6時頃から値引きセールが始まります。そして7時くらいになると殆どのスーパーで全品半額のシールが貼られています。


というのも大体夜の食事の準備は夕方の5時~6時ぐらいにする家庭が多いもの。なかなかそんな時間からは生魚の調理をしない為、買い物客が減ってしまうまでに売りさばきたいというお店の事情から値下げを行うのです。ちなみにこの時間は夏には若干遅く、冬には若干早くなります。


この節約術は24時間営業や深夜営業のスーパーよりも、夜9時か10時に閉まるスーパーの方が成功確率が高いです。



なおお肉は腐りにくいのでこの時間に行ってもそれほど安くはなりません。売りきる必要がない商品はこの方法では安くは買えないので注意が必要です。


簡単に食べられるお惣菜なども7時くらいから安くなりますが、本格的に安くするのはもう少し後になってからです。


これを買って帰ってそれから晩御飯にするとかなり遅くなるので、夕食が遅いご家庭向けですね。



インストアベーカリーが併設されているようなスーパーでしたら、早めの時間からピザや総菜パンは安くします。明日の朝食に使えそうなロールパンや菓子パンなどは8時から9時の間に安くする店が多いです。


それぞれのスーパーの方針によるので、最初のうちは狙った時間に何回か行ってみて様子を探ると良いでしょう。


これとは別に、お米も生鮮食料品なので、気をつけてみると少し精米してから日にちがたったものなどは安くなっています。


お米売り場のお米に値引きのシールが貼ってあるので、時々売り場をチェックしてください。夏などは特に回転が早く、結構半額のシールが貼られているお米をみかけます。


ぜひこの節約術で少しでも食費を節約してみてはいかがでしょうか?



       



次のコンテンツ→日本で最古の神は誰なのか?

生活に役立つ面白ネタトップページへ