本文へスキップ

ウエディングドレス

ウエディングドレスはなぜ純白なの?




ウェディングドレス 最近では結婚式の際に、ウエディングドレスを着て式に臨む女性も増えています。
ウエディングドレスのデザインは様々存在していますが、たいていのものは白に統一されていますね。

今では白いウエディングドレスは当たり前のように認識されていますが、改めて考えてみると、どうして白色が多いのでしょうか。

実は、この理由はいくつか存在しています。







まず白という色は純潔を表す色になります。
白は結婚式の際に花嫁の純潔を表す意味を持っているほか、婚家の家に染まるという意味を持っているのです。

昔の西洋では、今のように婚前交際は認められていませんでしたし、結婚は家と家とを結びつけるという意味合いが大きかったため、女性にも純潔が強く求められていたのです。
そのため、西洋の上流階級の人々の間では、白のドレスをウエディングドレスとして利用していたという歴史があります。

このように昔は上流階級の人々のみ白のウエディングドレスを使用していたのですが、1800年代に即位したイギリスのヴィクトリア女王の影響から、一般の人々にも白のウエディングドレスが広まっていきました。



1800年代は、上流階級こそ白い色のウェディングドレスを着用していましたが、中流階級では色つきのドレスで式に臨むことが一般的でした。 ドレスはそれ自体高価なものですので、金銭的に余裕がないと何着も購入することはできません。

そのため中流階級の人々は、ウェディングに着たドレスをアレンジし、式の後の日常生活でも着る必要があったのですが、日常生活で着るドレスは色つきのものが適していますので、必然的に色つきのドレスで式を挙げることが多かったのです。



ただ、イギリスのヴィクトリア女王が純白のドレスで式に臨んだことが広く報道されると、中流階級の間でも白のウエディングドレスを着ることがブームになりました。


今の時代でも皇族をはじめとする著名人の服装をきっかけに、新たなファッションが広まることもありますが、その当時でも皇族のファッションは一般の人々に大きな影響を与えていたのです。



     



次のこんてんつ→ 食費を大幅に節約する方法とは?


生活に関する面白ネタトップページへ