本文へスキップ

DNA

DNAの長さは地球250万周




我々の体は細胞の集まりから形成されています。その細胞内にある核にあるのが染色体と呼ばれるものです。

染色体はヒストンと呼ばれるタンパク質にDNAが巻き付いて棒状になったもののことです。


さて、そのDNAですが、平均するとその一つの細胞中には2ナノメートルの幅で、なんと長さ約1.8m分も核の中に詰まっています。

ちなみに、人間の細胞の一般的な大きさは体の場所にもよりますが、1~100ナノメートルと言われています。







この小さな細胞の中の核にそれほどの長さのDNAが絡まらないでちゃんと収納されているとは驚きですよね。


ヒトの細胞数は諸説ありますが、全部で約60兆個あると言われています。その細胞の全てには先ほどのDNAが当然含まれているわけですが、ここで問題、全てのDNAの長さを足すと全部でどれくらいの長さになると思いますか?


実はこれを計算すると長さが地球250万周くらいになるのです。 地球1周が約4万キロだとすると、地球を62.5回も回る計算になるのです。人間の体にあるDNAの長さはものすごいんだと実感させられませんか?


ちなみに、ゾウの細胞数は人間よりも更に多くて数千万兆とも言われています。これを計算すると更にとてつもない長さになりますね。 想像もつきませんが、それだけ長いものが体の中に入っていて我々の体を作っているなんてどうやって納まっているか本当に不思議です。


まさに、人体の神秘と言うものだと思います。


余談ですが、DNAの長さは実際にも長いのですが、世界で一番長い言葉としてもDNAはギネスにも載っているんですよ。 正式な科学名は20万7000文字でこちらも世界で一番長いのです。



     



次のコンテンツ→ タイヤの溝は何のためにあるの?

科学に関する豆知識トップページへ戻る